マンション

不動産投資なら高利益を目指そう|一棟売りマンションで安定収入

一棟丸ごとの投資物件とは

内観

一棟売りマンションの特徴は、建物を全て所有する形で賃貸経営を行うところにあります。全ての部屋を管理する必要はありますが、その分需要に応じて設備を入れ替えるなどの工夫ができることになります。賃貸物件の建設は多く、それに対しての需要は限りがあります。そのために賃借人が住みたいと思える内装にするなどが必要となります。賃貸物件においても、とにかく安い賃料の部屋を求める人と、逆に高くても満足度の高い部屋に住みたい人とに分かれます。そして後者のような、いわゆるビンテージマンションは少ないものです。そこで一棟売りマンションを購入して、賃借人にとって満足度の高いビンテージマンションに改装することもできるわけです。

一棟売りマンションが高い人気を得ているのは、空室リスクを分散させることができる点にあります。ひと部屋だけの保有ならば、家賃が入るか入らないかの二択になります。けれども複数の部屋があれば、その負担も軽減することができます。また一般の分譲マンションでは共用部分には手をつけることはできないものです。けれども一棟売りマンションならば廊下や外観なども自由に設計変更することができます。さらに電力なども割安なものに変更するのも自由です。建物全体を管理することで、効率の良い経営スタイルを確立することができます。さらに老朽化した時に建て直すことも、オーナーとして自由にできます。資産価値を維持し高めるために工夫できる利点を持ちます。