マンション

不動産投資なら高利益を目指そう|一棟売りマンションで安定収入

不動産投資に必要なこと

握手

サラリーマンも可能な投資

不動産投資と聞くと土地や資産を持っている人が行うものというイメージがありますが、実はサラリーマンでも一定の収入があればできるのです。不動産投資といえばマンション経営がメインですが、それにも一棟売りマンションと区分売りマンションがあります。一棟売りマンションは文字通りマンションを一棟購入して賃貸に出すという方法です。区分売りマンションというのはマンションの中の一室を購入して賃貸に出すやり方です。収益を上げるという点から見れば、一棟売りマンションの方が遙かにメリットが大きいです。サラリーマンは区分売りマンションが向いていると言われますが、一定の収入さえあれば購入資金のローン返済は家賃収入を充てることで支払うことができるのです。

収益物件を見つける方法

区分売りマンションより一棟売りマンションの方がリスクが小さいのです。それは区分売りの場合は空室になると全く収入がゼロになってしまうのに対し、一棟売りマンションの場合は多少の空室が出ても他の部屋の家賃収入でカバーできるからです。一棟売りにしても、区分売りにしてもマンション経営で大事なのは収益物件を手に入れることです。そのためには不動産投資会社とパートナーを組むことも大事です。実績のある投資会社だと将来性のある物件情報をたくさん持っているはずです。そのような投資会社のノウハウを利用することも重要です。マンション経営の先行きは少子化によって困難になるという見方がありますが、それは従来の経営方針にこだわる人の意見です。今後は他のマンションとの差別化を徹底すれば、入居者が増えることはあっても減ることはないのです。